怪獣造形王、酒井ゆうじさん作品展開催

3月20日(祝・水)~31日(日)のウルトラマン空港フェスタの開催に合わせて福島空港では、酒井ゆうじ怪獣作品展が開催されます。
ウルトラマンフェスタの詳細については↓のブログをチェック
ウルトラマン空港フェスタ 開催!

黒く光るごつごつした体に、不気味に光る背びれと眼光鋭い目をもつ怪獣・・・といったら小さいころから皆さん見たことがあるであろう、「ゴジラですよね。shine.gif
1954年に第1作目「ゴジラ」が公開されて以来28作の映画が製作され、現在も国内外の特撮・怪獣ファンに愛されているこのゴジラシリーズですが、それらをモチーフにした立体作品を20年以上にわたって制作し続けている、世界的にも有名な造形作家が酒井ゆうじさんです
 
酒井ゆうじさんは、昭和のゴジラシリーズの監督である円谷英二監督と同じ我が須賀川市出身です。
美術大学卒業後、広告代理店に勤める傍ら、趣味のゴジラ模型作りに没頭し、1989年 ㈱海洋堂主催「第1回アートプラ大賞」に出品したゴジラが入選したのを期に海洋堂でプロとして活躍し、多くのファンを獲得しました。
現在までに140作以上の作品を世に送り出し、国内外の怪獣ファンから高い評価を得ています。
1995年東宝映画「ゴジラVSデストロイア」では東宝特美スタッフとして参加し「ヤマトタケル」ではヤマタノオロチの造形デザイン、1999年「ゴジラ2000ミレミアム」では新作のゴジラの造形デザインを手がけるなど、映画のスタッフとしても活躍しています。
この度開催される「酒井ゆうじ怪獣作品展」ではそれらの貴重な作品の中から一部を展示しています。

そもそもこれらの模型の制作は、まず原型づくりから始められます。
原型は造形専用の紙粘土を材料に、スパチュラというヘラと酒井さんの指のみで約3か月~半年かけて作成していきます
その原型から型をとり、はじめて商品化できるようになるのです。
造形を仕事とするようになったきっかけは、子どものころから趣味だったプラモデルや他の人が造ったフィギュアを作るだけでは物足りず、”自分のイメージ通りの作品を造りたいと思い立ったため”とあって、作品ひとつひとつに酒井さん独自のこだわりが滲み出ています。

▲キングギドラ

▲モスラ対ゴジラ

▲ゴジラ2000ミレニアム

酒井氏の作品を見る方は口々に、「酒井氏の作品は、作品が命を持ったように”生物感”が出ている」と称賛するそうです。
その言葉の通り、今にも飛びかかってきそうな躍動感と、流れるような筋肉の動き、活き活きとした表情が見て取れます。

▲ゴジラ

皆さん、ゴジラの表情をよ~っく見てみてください・・・何かお気づきになりませんか?
そう、顔がひとつひとつ違いますよね。
ゴジラの映画作品はこれまでに28本製作されているそうですが、顔やスタイルが全部違っていて、酒井さんはその微妙な違いをも完璧に再現しているんだそうです。

酒井さん「作品つくりで最もこだわっているのが、忠実さ。
     映画のゴジラの躍動感、たくましさ、表情全てを忠実に再現したいんです。
     顔・背びれの位置・皮膚のこぶの数まで数え上げて制作しています。」

映画ゴジラの再現性に徹底的にこだわってらっしゃるんですね。

そして、こんな貴重な作品も!


展示会場中央には、酒井ゆうじさん50作品目の記念に制作された、巨大なゴジラが。
大きさは1mほどで、通称”モスゴジ”(「モスラ対ゴジラ」の映画のゴジラ)をモデルとした巨大な造形作品です。

そして円谷英二監督とゴジラをモデルにした作品も。
 
▲円谷英二生誕100年記念作品「英二とゴジラ」
これは「キングコング対ゴジラ」の映画撮影時に円谷監督がゴジラと肩を組んで撮影したたった1枚のモノクロ写真を忠実に再現した作品です。
酒井さん初の人間をモデルとした作品で、須賀川高校100周年で高校に寄贈されました。
「なぜモノクロ写真なのに彩色されているの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
酒井さんいわく、円谷監督は大変おしゃれな方だったそうで、たった1枚の写真から酒井さんが持つ繊細な想像力を働かせて、彩色したそうです。
酒井さん「メガネは取り外しが出来、タバコが入っていたのであろう、ポケットのふくらみまで表現しました。」 

現在入手できる酒井ゆうじさんの作品は、バンダイコレクターズ事業部人気シリーズ「S.H.MonsterArts」があるそうです。
模型店やネットで購入できるそうなので、興味のある方は是非手にしてくださいねflair.gif

3月には作品の魅力が凝縮した酒井ゆうじさん2冊目の作品集が発売されます。

酒井ゆうじ怪獣造形作品集 GODZILLA DREAM evolution
発売日:3月28日(木)
発売場所:全国の書店、アマゾン(予約承り中)

 

ウルトラマン空港フェスタでは、作品展示の他、酒井さんと中学校で美術の講師もしていらっしゃる奥様が直接指導して下さる、オリジナル怪獣造形教室も開催予定!
酒井さんのプロの技が学べる貴重な体験となりますので是非親子でご参加ください。

「オリジナル怪獣造形教室」 
初心者やお子さんにも優しい教室となっています。
想像した怪獣や恐竜など、自由な発想の絵やイラスト(自分で描いたもの)を持ってきてください。
紙粘土で自分だけのオリジナル怪獣を造ります。
お子さんよりお父さんのほうが夢中になってしまうかも!?happy02.gif

日時:3/30(土)・31(日) 10:00~15:00
場所:ターミナルビル3F特設会場
料金:1組1,000円(材料費込、2名分の軽食付き)
定員:両日とも親子30組限定
申込:3/27(水)までの事前申込制、先着順    
申込先 TEL 0247-57-1266(福島県観光交流局福島空港駐在) 

 

みなさんぜひ福島空港へ足を運んでいただき、酒井ゆうじワールドをお楽しみください。happy01.gifheart04.gif




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
このブログ記事についてのご感想など何でも結構です。
コメントいただけるとうれしいです♪

コメントは受け付けていません。

カレンダー
2018年11月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
アーカイブ
最近のコメント
Count per Day
  • 429691総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 0昨日の閲覧数:
  • 199321総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 0昨日の訪問者数:
Count per Day
  • 429691総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 0昨日の閲覧数:
  • 199321総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 0昨日の訪問者数: